夫と育毛剤

夫は50代後半です。50歳の声を聞くころから、生え際が少しずつ怪しくなり始めました。

 

夫の父はかなり前からてっぺんが薄くなるタイプでしたので、遺伝的な要素もあるかと思います。

 

少し薄くなり始めたことは本人も気にしていたようでしたが、何も相談されていないのにこちらから切り出すわけにもいきません。

 

ただ枕カバーなどにも抜け毛がかなりついた状態にはなっていました。

 

 

 

夫は化学的に合成されたシャンプーなどをとても嫌います。

 

ですからこっそり浴室に育毛成分の入ったシャンプーなどを置いておいても使うわけはありません。

 

私なりに調べると毛根の育成には余分な皮脂がよくないそうなので、しかたなくいつも使うシャンプーの中身だけを

 

皮脂を取る成分の物に入れ替えました。

 

 

 

問題はそこからです。皮脂成分を取り去っても、毛根に栄養を与える育毛剤を使って貰わないと意味がありません。

 

ここで利用したのがイギリスのウィリアム王子です。結婚を機会にメディアに出ることも多く、彼はいわゆるてっぺんはげです。

 

そういうテレビを見ながらなんとなくそういう話題に切り替え、今の夫には何も問題はないが、お父さんの例もあるので

 

早めに対策を打った方がいいのでは、という方向に持ち込みました。

 

 

 

そして毛根に栄養を与えるタイプの育毛剤を使い始めました。

 

シャンプーとの相乗効果もあるでしょうが、とりあえず枕カバーに付く抜け毛は少し減ってきたような気がします。

 

このような商品は長く使い続けなければ効果はわからないと思いますので、とりあえずはしばらく使っていこうと思います。

育毛剤のおかげです。

育毛剤ランキング
私は10代の頃はどちらかというと、髪の毛も太くて多いほうでした。

 

ところが、出産を機にどうやら少し髪の毛が減ってきたような気がしました。

 

 

 

出産をすると、一時的に髪の毛が抜けると言われています。

 

当時私はかなり長い髪の毛で、頭を洗うたびに、ものすごい量の髪の毛が

 

抜け落ちました。

 

 

 

ところが、一時的なものかとおもっていたのですが、増える気配は

 

ありませんでした。

 

 

 

テレビのコマーシャルをみると、最近では女性の育毛剤もあるという

 

ことを知りました。

 

しかもドラッグストアなどでも売っているようです。

 

以前と比べると敷居が低く感じた私は嬉しくなって早速育毛剤を

 

購入してみました。

 

 

 

購入した育毛剤は、想像よりもずっといい香りがしました。

 

女性らしいにおいというか、普通のコンディショナーのような

 

香りでとても使いやすかったです。

 

 

 

2日に一度使用しているのですが、とりあえずは今までのような

 

髪の毛の抜け落ちは減ったような気がします。

 

そして一本一本の髪の毛がしっかりとしてきました。

 

まさに髪の毛が健康的になってきているようです。

 

できるだけ、毎日頭皮をマッサージをしまがら育毛剤を

 

使っていこうと思っています。

 

 

 

半年後、1年後には昔のような髪の毛に戻っていると

 

期待しています。

育毛剤の成分とその使用について

世の中には様々な種類の育毛剤があります。テレビコマーシャルなどでも多くの種類が宣伝されています。しかし、その効き目はさまざまであるため、症状に応じて使い分ける必要があるのです。

 

育毛剤に含まれる主な有効成分としては、頭皮や毛根に対する血の流れを改善する血流促進剤(センブリエキス、塩化カルプロニウム、ビタミンE誘導体など)、髪の成長に必要な酵素系を活性化したり毛母細胞へのエネルギーを供給したりとはたらく毛母細胞活性化剤(ペンタデカン酸グリセリド、パントテニールエチルエーテルなど)、毛根にこびりついて発毛を阻害することになる皮脂を抑えるための抗フケ剤、フケそのものを発生しにくくする角質溶解剤、頭皮の乾燥を防ぐための保湿剤、抗男性ホルモン剤など、種々の効果があります。

 

髪にあらわれる状態は千差万別であるため、自分に合った成分が含まれているものを買って使用しないといっこうに効果が出ないということもあるのです。そのためには専門医に相談したり、理髪師のアドバイスを受けてみたりして自分の髪の状況にあったものを探すことが重要です。また、髪が抜ける原因のひとつにストレスがあります。自分の生活を見つめなおすことも必要です。

季節に合った育毛剤を選ぶ

 

育毛剤を使用する時には、その季節に合ったものを使ってみるとよいでしょう。

 

 

 

市販されている頭皮に使用するタイプの育毛剤の場合、その種類によっても特徴は異なってきます。

 

無香料でさらさらした感触のものもあれば、栄養成分が豊富に含まれており、使用することでしっとりとした感触になるものも存在しているのです。

 

寒い時期には、頭皮の乾燥が起こりやすくなりますので、栄養成分がたっぷりと含まれているしっとりタイプを使用することで、頭皮の状態も改善することが可能です。

 

ただし、暑い季節にしっとりとしすぎる育毛剤を使用することで、汗と混じって頭皮もべたべたしてしまいます。

 

暑い時期に使用する時には、汗をかいたときでも頭皮の状態に影響を及ぼさないように、さっぱりタイプのものを使用してみるとよいでしょう。

 

 

 

また、暑い時期には、ちょっとした匂いによって気分が悪くなってしまいますので、無香料タイプのものを選んでみるとよいです。

 

無香料タイプのものであれば、暑い時期にも匂いが気になりませんし、体臭と混じって臭いがきつくなってしまう心配なく使用することができるのです。

 

育毛剤を使う時には、その季節に合ったものを選んでみるとよいでしょう。

最近の育毛剤事情

 

昔から、薄毛などに悩んでいる人に人気なのが育毛剤。

 

効果は人それぞれにせよ、薄毛で悩んでいる人にとっては、なくてはならないものです。

 

 

 

そんな育毛剤ですが、最近では、効果を期待できるものも数多く発売されています。

 

なかには、効果が実感できなければ、全額返金保証をしている育毛剤まであります。

 

育毛専門クリニックで出されている育毛剤も手軽にネットなどで購入することもでき、育毛剤の効果を期待することもできるようになっています。

 

 

 

また、一言で育毛剤と言っても、ローションタイプのものから、サプリメントまでいろいろあります。

 

両方併用する育毛方法もあるぐらいです。

 

今までのように、頭に直接塗るだけでなく、サプリメントも併用することで、外からも中からも育毛する事ができるのです。

 

もちろん、サプリメントなので薬などと違い、安心して口にすることができます。

 

主な内容は、亜鉛やノコギリヤシなどが多いようです。

 

 

 

また、育毛剤独特の臭いもかなり解消されているようです。

 

昔の育毛剤は臭いが苦手な人も多かったようですが、最近の育毛剤は、そんな嫌な臭いはしないようです。

 

そのうえ、育毛剤の中には、90%以上もの効果を実感したというアンケート結果まであるものまであります。

 

 

 

これらのように、最近の育毛剤は期待することができるものが増えてきているようです。